活動

最近の活動>

2017/12/1 11/26~27に仙台国際センターで開催された防災推進国民国体2017にブース出展しました。多くの皆様に訪れて頂き、色々な意見交換などを頂きました。来場して頂いた皆様、ありがとうございました。

当認定NPO法人のブース

テーマセッション「あの時地区防災計画があれば・・」で、「究極の防災システムは“なまはげ”」との説明後に登場した“なまはげ”

2017/12/1 11/25に西の平金剛町内会で出前講座を行いました。今回は、3回シリーズの第3回目で、11/12に歩いた際(わが町再発見)のとりまとめです。各班に分かれて大判マップとしてとりまとめました。本町内会で開催されたマップづくり講座には、たくさんの方々の関心をいだいて、フィールドワークからマップ作成まで3回にわたって実施しました。多くの方々が地域を知る良い機会になったとのこと、防災あるいは減災を考えたときに大変基本的に重要なことだと思います。多くの方が、防災という視点で地域を見て、感じたことで貴重な経験をされ、地域防災は地域を知ることで、リスクを知っておくことが大変重要であるということを感じていただいたような気がします。災害が心配だからといって、びくびく暮らすのではなく、何かあった時に正しい判断のもと、避難するということが基本であるということを感じていただければ、今回の講座も十分効果があったのではないかと思います。参加して頂いた皆様、お疲れ様でした。

 話し合っている様子

 熱心にまとめています

 マイマップをまとめた大判のマップ

 まとめたマップの発表

2017/11/23 11/12に西の平金剛町内会で出前講座を行いました。今回は、3回シリーズの第2回目で、町を歩いてマイマップを作成するフィールドワーク(わが町再発見)でした。当日の参加者は約20名で、小学生から60代以上の方まで幅広い年齢層にご参加頂きました。地盤やブロック塀などを一緒に見て歩き、改めて地域の身近な情報に触れることができたと思います。3.11東日本大震災当時の現象なども聞くことができ、11/25のまとめの際にはこれらの情報を反映させて良いマップができることを期待しています。本日の参加者の皆様、お疲れ様でした。

 どんな危険が潜んでいるのでしょうか?

 町内を歩いて、わが町再発見!

 歩き終わってまとめをしているところです

2017/11/3 10/29に西の平金剛町内会で出前講座を行いました。今回は、3回シリーズの第1回目で、「利府・長町断層がはしる地域の地盤を知って地震・水害防災を知ろう」と題した講話を行いました。講話は、「地震の発生メカニズム」、「仙台市の地盤と地域の地盤の特徴」、「被害想定と避難」および「マイマップの効用」と4つのテーマでした。講話終了後にはアルファ米を用いた懇親会があり、その中で質問にお答えしました。雨にもかかわらず、参加者は91名と非常に多くの方にご参加頂きました。次回は地域を歩いて「わが町再発見」(マイマップつくり)を行い、3回目にまとめを行う予定です。次回以降も多数のご参加をお願い致します。

 講話時の様子

 懇親会時の様子

 

 

今までの活動>

設立7周年記念誌発刊以降(平成27年10月以降)

平成27年以前の活動(設立7周年記念誌発行時点まで)